保有マシーン大紹介!~4号機(NEC OP-98 X10W改)

pc-9821as2.jpg

最近はさっぱりお休み状態のPC98君。

スペック
オリジナル
現在
CPU i486SX(33MHz)

・2007年04月14日から
Am5x86-P75(Am486DX5-133W16BCG,133MHz)
高速化を狙い、手持ちの謎の下駄付きのやつを搭載
特に問題なく起動。As2はWB動作に対応していないので残念だが それなりに高速化。動作もきびきびしている

・2007年04月13日まで
Intel486DX4(100MHz)
この手の改造に定番のAMD5X86-133も搭載も考えたが、 発熱が大きそうなのとキャッシュの制御が面倒そうなので、 お手軽にODPを使うことに

システムRAM 72ピンSIMM 5.6MB 640KB+116736KB
内蔵のメモリとして、72ピン70nsパリティ付きメモリ32MBを4本搭載
取り敢えず最大容量のようだがメモリカウントに かなり時間が掛かる
グラフィックシステム S3 86C928 Canopus PowerWindow964LB(4M)
ローカルバスとしては最強に強まった((c)スタパ齋藤)アイテム
現在でも高額で取引されている?メモリは4MBに増設済み。 速度は流石に速い
サウンドシステム 86互換音源

・2008年02月23日から
キュービジョン WAVESTAR
ハードディスクのリニューアルに伴ない、音源も万能型のWAVESTAR に変更
86音源の弱点を克服し、ついでにMIDISTARまで搭載したので ほぼ無敵状態かも

・2008年02月22日まで
86互換音源+Roland GPPC-NA(Roland ミュージ郎300付属のボード)
音源部は懐かしのSC55系GS規格MIDI音源
MIDIインタフェース一体型であり、同時発音数24音、 音色数354種類
...はっきり言ってゲーム用

FDD 3.5インチ 3モードFDD×2

・2008年12月01日から
内蔵3.5インチ 3モードFDD×2+ELECOM FDD-5SN(外付け5インチFDD×1)
TEAC FD-52Wの調子が悪くなり、書き込みができなくなったのでバックアップ機のELECOM FDD-5SNの登場となった
シングルドライブは何となく物足りないような気がするが仕方が無いということで

・2008年11月30日まで
内蔵3.5インチ 3モードFDD×2+TEAC FD-52W(外付け5インチFDD×2)
As2には外付けフロッピーインターフェースが無いため、1MB FDD インターフェースボードを内蔵し、接続している
ふるーいソフトにはやはり5インチフロッピーが似合う

LAN なし Melco LGY-98相当(10BASE-T、玄人志向のPK98-2SYUMORIに内蔵)
背面のSCSIインターフェーススロットに内蔵する、スルータイプのボード
ついでにLANインターフェースも内蔵している。LANは定番のLGY-98
HDD 内蔵IDE 340MB

・2008年02月23日から
内蔵SCSI(IDE変換)20GB(Maxtor 2F020L0)
IDE-SCSI変換アダプタを使用して大容量化。速度も向上して大満足

・2007年04月21日から2008年02月22日まで
内蔵SCSI 2GB(IBM DORS-32160 2.1GB)+外付けSCSI 4GB(BUFFALO DSC-UE4.3G)
Windows95をインストールしているドライブを増量したくて、手持ちの U-SDAT機能搭載の外付けHDに引越し
速度は相変わらず遅い

・2007年04月20日まで
内蔵SCSI 2GB(IBM DORS-32160 2.1GB)+外付けSCSI 2GB(NEC DSE2100S)
内蔵の方はMS-DOS6.2を、外付けの方はWindows95をインストール。 速度はかなり遅い

SCSI なし

・2008年02月23日から
メルコ IFC-NN
BIOSのアップデートにより32GBまでの大容量ハードディスクを使用可能な SCSIボード

・2008年02月22日まで
緑電子 MDC-926Rs SCSI-2
最速の部類に入るSCSIボード。高速シリアルも内蔵しているが そちらは使っていない

光学ドライブ なし

・2008年05月23日から
Logitec SCD-2400
PC-CD60Fの読み込みの遅さに耐え切れず、交換
24倍速でさくさく 読み込んでくれる

・2008年05月22日まで
NEC PC-CD60F(ファイルスロット用倍速CD-ROMドライブ)
ファイルスロット内蔵の結構レアなCD-ROMドライブ

ディスプレイ なし

・2007年08月22日から
EIZO FlexScan L465
3号機で使用していたものをこちらに引越し

・2007年08月21日まで
三菱 RD17GXII Clear
他のマシーンと共用

 

オリジナルとはかなり掛け離れた、ある意味結晶化してしまったマシーン。学生時代、高嶺の花だったPC-98シリーズだが、社会人になってからは恨みを晴らすように(^^;)、価格が落ちた本体や周辺機器を買い漁る。このマシーンもハードオフを中心に色々と集めた。結果、使いもしないCバスボードが山積み(^^;)。

手元にある98用のゲームや言語で遊ぶために所有はしているが、現在全くといって良いほど稼動していない。でも、いつか、余裕が出来たら...とは思っているんだけど。

最近、内蔵カレンダが暴走しまくるので、内蔵リチウム電池を交換したけど今度は電源投入後リセットスイッチを押さないと起動しないようになっちまった。恐らく電源周りがへたったようなので、機会を見て修理するつもり。コンデンサの交換だけで直れば良いけど。

CD-ROMドライブ交換 → 2008年05月

内蔵していたCD-ROMドライブである、NEC PC-CD60Fの読み込みが非常に遅い&古めのメディアの読み取り不良が多発し、泣く泣く交換を決意。

ということで、ハードオフのジャンクコーナーで散々検討をした結果、LogitecのSCD-2400という外付けCD-ROMドライブをゲット。

このCD-ROMドライブは、パイオニアのDR-U24XのOEMであり、24倍速。MS-DOSのドライバを組み込む際にも、しっかりとパイオニアの社名が表示される。

さすがに元のCD-ROMドライブが倍速ということもあり、読み込みが12倍も速い(^^;)。但し、10年前のドライブなので古いCD-Rとかの読み込みはできないっぽい。ま、仕方がないということで。

scd-2400.jpg

外付け24倍速ドライブの底力を見ろ!ということで。

SCSIボード交換&サウンドボード交換 → 2008年02月

内蔵していたSCSIハードディスクに不良セクタが多発してしまい、ハードディスクを交換することに。

ついでにSCSIボードの交換(メルコのIFC-NN)を行ない、ハードディスクはIDE-SCSI変換アダプタを使って20GBという大容量化に成功。

更には、サウンドボードをキュービジョン WAVESTARに交換。もともと押入れで死蔵していたものだが、86音源のWindows95における不甲斐なさを克服するために出てきてもらうことにした。

このサウンドボードはシステムがハングした場合、かなりの確立で音が出なくなるっぽいが、DOS版のドライバインストーラを起動してやると、なぜか初期化されて復活したりする。

DOSゲーも大丈夫、Windows95もどんと来い、ついでにMIDISTAR搭載でMIDIもばっちりとオールマイティぶりを発揮しまくっている。

wavestar01.jpg

WAVESTARのパッケージ。長い眠りから復活。

wavestar02.jpg

下半分に載っている基板がMIDISTARの基板。

筐体の交換 → 2007年08月

突然、音が思いっきり割れるようになってしまい、基板のコンデンサを全て貼り換えたが結局直らずじまい。恐らく、マザーボードの液漏れしたコンデンサが周りの部品を道連れにしたっぽい。

仕方がないので、手持ちのバックアップ機であったOP-98 X10Wに部品をごっそりと移植し、事なきを得る。

これもいかれちまったらどうするべぇ?...ま、先のことは考えないのが俺様の良いところ(^^;)。

ベンチマーク結果

2008年02月23日から → SCSIボード&ハードディスク&サウンドボード交換

MIDORI ELEC. SCSI-2 I/F MDC-926Rs(PnP-OFF)→MELCO IFC-NN PnPモード SCSI Interface Board nEC DSE2100S Rev 0307&IBM DORS-32160 Rev WA6A→Maxtor 2F020L0 Rev 1.06

★ ★ ★ HDBENCH Ver 2.610 ★ ★ ★
使用機種
Processor Am5x86/WT/4x [AuthenticAMD family 4 model E step 4]
解像度 1024×768 65536色(16Bit)
Display Power Window 964
Memory 119,164Kbyte
OS Windows 95 4.0 (Build: 1111) B
Date 2008/ 2/23 14:50

SCSI = MELCO IFC-NN PnPモード SCSI Interface Board

AB = Maxtor 2F020L0 Rev 1.06
C = GENERIC NEC FLOPPY DISK
D = GENERIC NEC FLOPPY DISK
E = GENERIC NEC FLOPPY DISK
F = GENERIC NEC FLOPPY DISK
G = NEC CD-ROM DRIVE 4 M Rev 1.0

ALL 浮 整 矩 円 Text Scroll DD Read Write Memory Drive
3538 3636 5238 6005 3438 2173 58 8 3756 4000 3316 B:10MB

2007年04月14日から2008年02月22日まで → CPU換装

iDX4 100MHz → Am5x86-P75(Am486DX5-133W16BCG,133MHz)

★ ★ ★ HDBENCH Ver 2.610 ★ ★ ★
使用機種
Processor Am5x86/WT/4x [AuthenticAMD family 4 model E step 4]
解像度 1024×768 65536色(16Bit)
Display Power Window 964
Memory 117,264Kbyte
OS Windows 95 4.0 (Build: 1111) B
Date 2007/ 4/14 14:16

SCSI = MIDORI ELEC. SCSI-2 I/F MDC-926Rs(PnP-OFF)

A = nEC DSE2100S Rev 0307
B = IBM DORS-32160 Rev WA6A
C = GENERIC NEC FLOPPY DISK
D = GENERIC NEC FLOPPY DISK
E = GENERIC NEC FLOPPY DISK
F = GENERIC NEC FLOPPY DISK
G = NEC CD-ROM DRIVE 4 M Rev 1.0

ALL 浮 整 矩 円 Text Scroll DD Read Write Memory Drive
3248 3639 5357 6097 3538 2035 58 8 3244 2021 3314 B:10MB

ついでに、CPUBENCHとPFM486の結果も。

【CPUBENCH】

80X86 CPU Speed TEST v0.980
Copyright 1992 ZOBplus Hayami
DHRYSTONE 30000
LOOPS Execute memory area: 4000:0000 ->4000:1C28
CPU Type: i486DX Virtual86 mode

Ratio to the first PC9801 :130.37 Execute time : 00.53 sec.

【PFM486】

Performance of 486-PC Ver1.77h(C)1992-1995
DysanKeihin
H—————————————————-H
| i486DX Frequency = 133.37 MHz Machine:98 v1.77h|
| CPUID Results = AuthenticAMD Fam 4 Mdl14 Stp 4 |
| Ecache Read Time = 40 ns/dword ( 4.1wait,100mb/s)|
| Ecache Write Time = 97 ns/dword (10.9wait, 41mb/s)|
| Memory Read Time = 82 ns/dword ( 9.7wait, 49mb/s)|
| Memory Write Time = 98 ns/dword (11.1wait, 41mb/s)| H—————————————————-H

2007年04月13日まで → 取り敢えずオリジナル?

★ ★ ★ HDBENCH Ver 2.610 ★ ★ ★
使用機種
Processor iDX4 [GenuineIntel family 4 model 8 step 0]
解像度 1024×768 65536色(16Bit)
Display Power Window 964
Memory 117,264Kbyte
OS Windows 95 4.0 (Build: 1111) B
Date 2006/ 4/ 5 6:48

SCSI = MIDORI ELEC. SCSI-2 I/F MDC-926Rs(PnP-OFF)

A = nEC DSE2100S Rev 0307
B = IBM DORS-32160 Rev WA6A
C = GENERIC NEC FLOPPY DISK
D = GENERIC NEC FLOPPY DISK
E = GENERIC NEC FLOPPY DISK
F = GENERIC NEC FLOPPY DISK
G = NEC CD-ROM DRIVE 4 M Rev 1.0

ALL 浮 整 矩 円 Text Scroll DD Read Write Memory Drive 2983 2780 4944 5575 3363 1809 58 8 3248 2086 2573 B:10MB