テレビ用外付けスピーカーを自作してみよう!!(組立編)

組み立ての前に...

早速組み立てをしようかと思ったが、取り敢えずスピーカー端子用の穴と、左右の差信号ユニットの配線用の穴を先に開けることにした。組み立てた後から開けるのは非常に難儀するので。

穴の位置は...適当に(^^;)。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db07.jpg

こちらは、スピーカー端子用の穴。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db08.jpg

こちらは、差信号ユニット用の配線用の穴。

で、まずは仮組みしてみて寸法が合っているかどうか確認してみる。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db09.jpg

仮組みして板の不足がないか、寸法が合っているかどうか確認すること。

組み立て開始

準備ができたら、木工用ボンドとクランプを使って組み立て開始。木工用ボンドはたっぷりと使い、クランプは締め付けた際に板がずれないように注意すること。

ずれたままで固定されてしまうと...もう悲惨(^^;)。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db10.jpg

クランプがうまく使えるように対称的に組み立てる。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db11.jpg

木工用ボンドはたっぷりと使う。密閉性重視。

一回の接着作業について、最低でも一晩というか一日置いて、完全に板が接着されるまで待つこと。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db12.jpg

あせらずに、ゆっくりと組み立てること。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db13.jpg

ほぼ組み立てが終わったエンクロージャ。一週間かかった。

次に、配線の準備。センタースピーカーにセメント抵抗をパラレル接続するが、俺様は20Wで68オームのセメント抵抗を4パラで使用することにした。4パラだと丁度17オームとなり、合成インピーダンスは8オーム程度になるはず。なお、パラレル接続の場合の抵抗値の計算はこちらを使うのが便利かも。

セメント抵抗のワット数は大きいものを使うこと。また、セメント抵抗はエポキシ系のボンドでしっかりと固定すること。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db14.jpg

今回活躍してもらうセメント抵抗。4パラで使用。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db15.jpg

エポキシ系のボンドでしっかりと固定する。

セメント抵抗の固定が完了したら、実際の配線作業に取り掛かる。極性を間違えないようにしっかりと確認しながら配線を進める。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db16.jpg

配線の全体図。左右とか極性を間違えないように。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db17.jpg

セメント抵抗部分の拡大。振動しないように固定する。

左右の差信号用のスピーカーの配線のために開けた穴については、水中ボンドとか木工用パテでしっかりと塞いでおくこと。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db18.jpg

穴は、空気が洩れないようにしっかりと塞ぐこと。

配線が完了したら、グラスウールを各部に適当に貼り付ける。ダブルバスレフのエンクロージャの方は、あまり多く使わなくても問題ないっぽい。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db19.jpg

グラスウールは適当に、ダクトとかを塞がないように。

最後に、もう一方の天板を取り付けて、エンクロージャの作成はお終い。木工用ボンドをたっぷりと使い、クランプでしっかりと締め付けること。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db20.jpg

最後のヤマである天板の取り付け。

エンクロージャの仕上げ

完成したエンクロージャの仕上げは、いつものように壁紙を貼るという安直な方法でいくことにした。

左右の差信号用ユニットの息抜き(?)の穴と、ダブルバスレフの第2ダクトについては、黒色のラッカーで内部を着色。

しかし、噂には聞いていたが、MDF合板というのは本当に塗料を吸いまくり。まるで段ボール箱みたいなので、下手に塗装するよりは壁紙とかを貼った方が良いかも。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db21.jpg

左右の差信号ユニット用の息抜きの穴。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db22.jpg

ダブルバスレフ第2ダクトのスリット。

あとは、壁紙をぺたぺたと貼って、スピーカー端子を取り付けて、スピーカーユニットを取り付けてお終い。

ぱっと見、非常に格好が良いマトリックス・スピーカーの出来上がり(自画自賛)。あ、忘れていたけどFE87は、コーン紙が汚れていたので、例によってインクジェットプリンタの詰め替え用のインク(黒色)で着色した。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db23.jpg

出来上がったスピーカー。黒色のユニットが精悍かも?

背面は壁紙を貼っていないけど、見ながら聴くわけでもないので手抜き。

重量は実測で9.4Kgだった。テレビ(36.5Kg)とかケーブルテレビのチューナーとかを上に載せるので、かなりの重量増となり低音再生には有利かも。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db24.jpg

エンクロージャの背面。縦長のスリットが見える。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db25.jpg

右側の黒い穴は息抜き用の穴。

最後のハードル

さて、音出しはぐっと我慢して、最後の難関というか、テレビの改造に取り組むことにする。

繰り返すが、テレビの内蔵アンプ出力を取り出すということは、すなわちテレビの内部に手を入れるということを意味しており、非常に危険を伴なう作業となる。良い子の皆さんはくれぐれも真似をしないように。何かまずいことがあっても俺様は責任を取れないので宜しく。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db27.jpg

高電圧部分が数多くあり、感電する危険性あり。

まずはテレビの背面のケースを取り外す。プラスドライバーでネジを何個か取るだけで、比較的容易に取り外すことができる。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db26.jpg

テレビの背面。矢印のある箇所のネジを取り外すと...

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db28.jpg

ケースが取り外され、内部が丸見えの状態。

くれぐれも、高電圧を発生するユニットには近付かないこと。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db29.jpg

ブラウン管に高電圧を送り込むユニット。マジ危険!!

次に、スピーカーを見付けて、音声用のケーブルを外に取り出す。通常、スピーカーとテレビ本体とはコネクタで接続されているはずなので、コネクタを乗っ取ることにする。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db30.jpg

テレビ内蔵のスピーカー。ケースで覆われている。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db31.jpg

スピーカーとテレビ本体をつなぐコネクタ。

あとは、取り出した音声用のケーブルを今回作成したスピーカーに接続するだけだが、テレビ内蔵用のスピーカーも使えるように、スイッチで出力先を切り替えられるようにした。6Pのトグルスイッチがあれば大丈夫。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db32.jpg

かなり手抜きの配線。下の赤黒ケーブルが外部出力用。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db33.jpg

スイッチ部分の拡大図。ショートしないように気を付けること。

接続&音出し

スピーカーも、テレビも準備が整ったので、いよいよ接続して音出ししてみる。

テレビをどかして、スピーカーを置いて、テレビを戻して、配線してテレビの電源オン。

まず、最初に試したのは...「風来のシレン3」でしたとさ(^^;)。いつものように、Wiiの電源スイッチをオン。

...すっげぇ...のっけからサラウンド効果ありまくり。で、今までテレビの内蔵スピーカーでは聴けなかった音がバンバン出まくっていて、非常に愉快かも(^^;)。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db34.jpg

非常に違和感なくフィットしている?スピーカー。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/matrix_db35.jpg

見た目からは想像できない、広大な音場を再生。

他にも色々とソースを変えて聴いてみたが、マトリックス・スピーカー独特の臨場感をたっぷりと味わえた。

こりゃもうテレビ内蔵スピーカーへ後戻りはできない、絶対(^^;)。

ところで、今回のスピーカー製作の費用は...

アイテム スペック 価格 備考
スピーカーユニット Fostex FE87×4 手持ちのやつを使用 15年位前のユニット
MDF合板その1 900mm×900mm×1枚
1,580円
ドイト与野店で購入
MDF合板その2 900mm×300mm×1枚
548円
ドイト与野店で購入
合板カット代金 図面に従いカット
720円
ドイト与野店でカット
タッピングネジ 12mm長×12本×2個
320円
16本だけ使用
壁紙 木目調のエコシート
1,560円
3分の1だけ使用
スピーカー端子 4Pのタイプ 手持ちのやつを使用 ステレオなので4P
セメント抵抗 68オーム20W×4本
600円
桜屋電機店で購入
グラスウール 建材用 手持ちのやつを使用 ドイト与野店で購入
スピーカーケーブル 適当なやつを適量 手持ちのやつを使用 大昔に購入したもの
水中ボンド/木工用パテ 適当なやつを適量 手持ちのやつを使用 大昔に購入したもの
木工用ボンド 適当なやつを適量 手持ちのやつを使用 速乾性がいいかも
エポキシ系ボンド 適当なやつを適量 手持ちのやつを使用 スーパーXがいいかも
スプレー(黒色) 適当なやつを適量 手持ちのやつを使用 安いやつで上等

純粋に今回のスピーカー製作「だけ」に使ったのは、MDF合板とカット代金とセメント抵抗だけであり、合計でたったの3,448円。あとはほとんど手持ちのやつを使ったので、相当安上がりになった。

ということで、スピーカー工作の第2弾は大成功!!

コストを(あまり)掛けずに、狙った音が出たときの快感、これはもうやめられまへんな!!と一人悦に入っている俺様の横で、奥様の目がキラリと光ったのは、言うまでもない...