ツナみそ

土曜日の日経朝刊には、おまけ版として「プラス1」というやつが付いてくるのだが、それには簡単な料理レシピが載っている。

今回、「ツナみそ」なる料理が載っていたのだが、非常に簡単そうだったので挑戦してみることにした。

材料は以下のとおり。

  • ツナ缶詰(油漬け) 1缶 → 165g
  • 生姜 → 20g
  • 合わせ調味料 → 酒50ミリリットル、味噌80g、砂糖大匙3、みりん大匙2

ツナ缶は小さいサイズだと80gなので、ここは2個必要。

tsunamiso01.jpg

俺様宅では卵焼きに混ぜられることが多いツナ缶。

まずは、生姜をよく洗って皮ごと千切りに。あと合わせ調味料の材料はすべて混ぜておく。

tsunamiso02.jpg

合わせ調味料を混ぜた状態。味噌が玉にならないように。

フライパンにツナ缶の油大匙1と生姜を入れて中火で生姜の香りが出るまで炒める。

tsunamiso03.jpg

中火で気長に炒めること。

ツナ缶の中身を全てフライパンに突っ込んで軽く炒め、合わせ調味料を投入。

tsunamiso04.jpg

軽く火が通るくらいで良いかも。

tsunamiso05.jpg

合わせ調味料を投入した直後の状態。

中火のままで時々かき混ぜながら → 焦げ付かないように水分がなくなるまで煮詰める。

tsunamiso06.jpg

あまり火が強いと確実に焦げるので注意。

6分~7分煮詰めたら出来上がり。

出来立てを熱々の御飯に乗せて頬張ると...んまーい!(^^;)

冷蔵庫で1週間くらいの保存が可能とのことだが、その前に確実に無くなってしまうこと請け合い。

tsunamiso07.jpg

出来立ての熱々の状態。冷めてもいける。

tsunamiso08.jpg

これだけで何杯もお代わりできるので危険かも(^^;)。

ところで、この味噌を食べた長男&奥様の感想は...「鯖味噌みたいだ」...確かに、生姜は使うし味噌は使うし、かなり鯖味噌っぽい味かも。

だったらサバの水煮缶でやってもいいのではと思った俺様、近いうちに再挑戦してやる!と誓いましたとさ。

前の記事

葦簀

次の記事

注射禁止