マルチフレアー構造のスピーカーを作ってみよう!!(その2)

手作りスピーカーの有効活用

以前、ハンドメイドでスピーカーユニット(キット)を作ったが、そのスピーカーユニットを有効活用してみたいというか、エンクロージャを作ってやりたい衝動に駆られた俺様。

折角キャンセリングマグネットまで取り付けたのに、死蔵しておくのも勿体ないので。

で、一体どんなエンクロージャがお似合いなのか考えてみることにした。

ここで、スピーカーユニットのスペックをもう一度。

項目
スペック
インピーダンス(IMP)
最低共振周波数(fo)
150Hz
再生周波数帯域(f range)
fo to 30kHz
出力音圧レベル(S.P.L.)
85db/W(1m)
定格入力
6W
振動系重量(mo)
1.5g
Qo
0.74
実効振動半径(a)
28mm
マグネット重量(g)
74g
総重量(g)
0.23kg
バッフル穴径
φ65mm

...タイプ的にはFOSTEXFEシリーズ、FE83あたりと似ている。であれば、バックロードとかあまり大掛かりなタイプのエンクロージャは向いていない。

かといって、ありきたりのバスレフとか密閉もつまらない...と考えていたら...そうそう、アレがあった、アレが。

それは、以前作成して非常に俺様的に評価が高かった「マルチフレアー構造」のエンクロージャ。

サイズの割りに非常に質の良い低音を再生してくれるし、今回のような比較的Qoが高目のユニット(オーバーダンピングタイプではない)に向いているということで、決定。

エンクロージャの設計

設計といっても、基本的に「3Dースパイラルスピーカー」のサイトにあるやつを参考にするだけ。

今回参考にしたのは、Helix-HMF140という8cmユニット用のエンクロージャ。

ただし、今回設計を若干変更してみた。

  • 板厚 → 元の設計では15mm厚のMDF合板を使用しているが、最寄のハンズさんには12mm厚までしか合板の在庫がないので、12mmでエンクロージャを再設計
  • スピーカーターミナルの位置 → 元の設計ではスピーカーケーブルは仕切り板(フレアー)の中心部4枚を通しているが、スピーカーターミナルをエンクロージャの下部に配置して仕切り板の穴あけを2箇所とした

で、最終的に完成した図面がこちら。

12mm厚のMDF合板2枚(600×910×1枚、450×910×1枚)でコンパクトにまとめてみた。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_01.jpg

オリジナルのデッドコピーはつまらないので、色々と工夫してみた。

材料の手配

今回はミリ単位の加工が必要なので、やはりここはハンズさんのお世話になることにした。

実際にハンズさんに行ってみたら、合板のサイズがなくて非常にあせったが(^^;)、適当に間に合わせた。合板の裁断そのものは30分程度で終了。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_02.jpg

裁断が終了したMDF合板。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_03.jpg

小さな穴は自分で加工する。これお約束。

スピーカーターミナル用の穴とか、スピーカーケーブル用の穴とか、鬼目ナット用の穴は当然ながら自分で加工する。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_05.jpg

鬼目ナット×4個。今回は打ち込みするタイプ。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_04.jpg

一応側板に音道を書いておくと後々やりやすい。

組み立て開始

いよいよ組み立ての開始。

このタイプのエンクロージャの作成は2回目であり、慣れたもんよ(^^;)。

仕切り板の隙間には、水中ボンドとかコーキング剤を塗って気密性を確保しておくこと。

あと、今回は吸音材というかグラスウールを少量突っ込むことにした。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_06.jpg

ボンドはたっぷり目に塗ること。はみ出ても拭けばOK。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_07.jpg

吸音材を少量。ケーブルはこの時点で通しておくこと。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_08.jpg

ハタガネでがっちりと固定し、1日は放置しておく。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_09.jpg

エンクロージャの前面。早く鳴らしたいが我慢我慢。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_10.jpg

エンクロージャの背面。

最後に、俺様が大得意の木目シート貼りをして完成...一見市販品と見違えるような出来(^^;)。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_11.jpg

完成したスピーカーの前面。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_12.jpg

スピーカーの背面。今回はダクトに着色はしなかった。

実測重量は3kgで、少々軽いかも知れない。

ま、オリジナルは15mm厚だったが今回のやつは12mm厚なので、仕方がないかも。

ということで、早速お茶の間のアンプにつないで試聴してみる。

...非常にいい感じ。やはり、サイズからは想像できない低音が出てくる。小音量でもくっきりとした低音。

ある程度音量を上げると、背面のダクトから空気が激しく出入りする...非常に不思議。

高音も割と伸びていて、すっきりした感じ。このままエージングが進めば、もっといい感じになること請け合い。

今回もまた大成功!!マジでこの「マルチフレアー構造」のエンクロージャはお奨め。

費用はトータルで5,000円程度で収まった。安価に作れるのもポイントが高いかも。

で、最終的に、このスピーカーは2階のパソコン部屋兼寝室で活躍してもらうことに決定。頑張るんだよ~。

スピーカーグリルの製作

ところで、スピーカーを作成した際に気になるのが、スピーカーグリルの有無。

無い方が音質的に良いことは分かりきっているが、不注意でコーンやセンターキャップを変形/破損させてしまわないようにしたいところ。あと、小さなお子様がいる家庭では必須かも。

で、今回作成したスピーカー用のスピーカーグリルだけど、市販品は当然ないのでこれまた自作してみることにした。サランネットはスピーカーが見えず面白くないので、網目のスピーカーグリルでいくことに。

用意するのは、12mmの角棒適量と、動物小屋とかを作る際に使う網。

まずは角棒でスピーカーのサイズより大きめの正方形の枠を作る。サイズは適当でよろしく(^^;)。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_13.jpg

角棒。今回は外寸が115mmになるようにカットした。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_14.jpg

木工用ボンドで接着し、正方形の枠を作る。

次に、網を適当に折り曲げて、先程作成した枠にはめてボンドで接着する。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_15.jpg

網目の大きさは大きすぎず、細かすぎず適当に。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_16.jpg

正方形の枠にうまく収まるようにする。

次に、セロテープでマスキングをしてから黒色のスプレーで着色する。ま、着色しなくても気にならないかも。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_17.jpg

何回か重ね塗りをしないとあとで剥がれてくるかも。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_18.jpg

乾燥し、マスキングテープを取った状態。

あとはまたまた俺様が大得意の木目シート貼り工法を駆使して、自作スピーカーグリルの出来上がり。

最後にマジックテープを使ってスピーカーグリルをスピーカーに固定する。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_19.jpg

非常に美しく仕上がったと自画自賛してみる。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_20.jpg

マジックテープ。必要最小限の使用で問題なし。

ということで、落ち着いた感じのスピーカーの完成。これで安心して使いまくれるってもんだ(^^;)。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_21.jpg

非常にクラシカルな感じのデザインかも。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/multi-flare02_22.jpg

完成したスピーカー&スピーカーグリル。

前の記事

さぬきうどん

次の記事

ラーメン天安