基玄(もとげん)

埼玉県さいたま市浦和区元町2-2-12

北浦和駅のすぐそば、七匹の子ぶた北浦和店が撤退したあとに入ったお店。「きげん」と読むのかと思ったら、「もとげん」だそうな。

豚骨魚介系つけ麺+中華そばという最近のトレンドに正しく載っかっている感じ。店員もバイトもおらず店主がたった一人で忙しく切り盛りしている。

motogen01.jpg

カウンターのみの店内。一人で何でもやっている店主。

食券の販売機の横には、指宿製のかつおぶしの箱が無造作に置かれている。これで魚粉を作っているのか?

motogen02.jpg

鹿児島は指宿産の鰹節?取り扱い注意。

で、俺様は定番というかお約束のつけ麺中盛りをチョイス。大盛りまで値段が変わらないのもお約束。

程なくして出てきたつけ麺のスープと、麺を見てデジャブな印象を受けたのもお約束。これは、どう考えてもタンポポとか蕾とかと同系列。

実際味もほぼ同じだったりしたが、タンポポよりスープが濃厚で、蕾よりスープの量が多かったので俺様的には高評価を与えたい。麺も極太でプリプリしていて、良い感じ。

...しかし、どうしてこんなに似たようなテイストになるのか?修行先が一緒かも知れないけど(嘘)、あまりこういうテイストの店だらけになると、それはそれでつまらないかも。

ま、近所にまたうまいつけ麺の店ができたということは素直に喜びたい俺様だったりする。

motogen03.jpg

海苔の上に載っている魚粉はさっさと混ぜるべし。

motogen04.jpg

極太でプリプリしまくりの麺(中盛)。スープとの相性抜群。

前の記事

リンガーハット