じゃじゃ麺屋 香醤

岩手県盛岡市大通2-4-18

折角帰省しているのだから、ここはやはり岩手県人、というか盛岡市民のソウルフードであるじゃじゃ麺を食する必要がある!と意気込んで、市内のとあるデパ地下にある「白龍(パイロン)」に奥様&次男坊と行ってみた。

お盆は本店&分店が休みなので必然的にここに辿り着くわけなのだが、予想通り観光客やら帰省客やらで無茶苦茶混んでいた...。

ここで行列の一角を形成するのは時間が勿体無いので、代わりの店を脳内検索すると...あの店が検索結果として俺様の脳内小容量メモリーから導き出された。

ということでデパ地下から地上へ出て、いわゆる映画館通りを県庁方面に歩いて日活ビルのところを左に曲がったところでその店、「香醤(こうじゃん)」を発見。

入口付近には人がいなかったが、入ろうとしたら店内での待ちがあることが判明...しかし少し待つだけでテーブルに着席できた。

koujyan01.jpg

シンプルな店の概観。店内は待ちが何人かいた。

メニューは「じゃじゃ麺(大・中・小)」、「ちーたんたん」、「生ビール(中・小)」、「銀河高原小麦のビール」とシンプルかつ必要十分な感じ。

もちろん俺様はじゃじゃ麺の大を、そして奥様&次男坊はじゃじゃ麺の中をオーダーした。

しばらくしてその勇姿を現したじゃじゃ麺だが、見た目は全然本家というか白龍と変わらないように見える。

koujyan02.jpg

本家と見間違えるほどの出来栄え。

それでは早速いただきま~す...ん~、うまい!

麺が若干細い(というか厚みがない)ような気もするが、歯応えというかコシは十分で、じゃじゃ味噌との絡みも良好。味噌は辛すぎるでもなく野菜とよく合う感じ。

で、一気に食べまくってちーたんを追加注文、これまた軽く平らげてしまいかなりの満足感に浸った俺様でしたとさ。

ずいぶんと昔にこの店のじゃじゃ麺を食べたことがあるが、そのときより格段にパワーアップしているかも...本家よりこっちの方が好きだというファンが多数いるというのもうなずける?

深夜までやっているので、夜中に急に思い立ったら是非ということで → 埼玉からだとちと遠いけど(^^;)。

前の記事

豪ーめん