任天堂純正のマルチメディアプレイヤーをいじってみよう!!

任天堂純正

とある日、いつものように近所のハードオフを定期巡回し、ジャンク漁りをしていた俺様...ジャンクなゲームとか周辺機器とかソフトが堆積しているコーナーで珍しいアイテムをゲットした。

そのアイテムとは、「PLAY-YAN micro」なるものであり、ゲームボーイミクロをマルチメディアプレイヤーに仕立て上げるというカートリッジ。

ゲームボーイミクロだけではなくゲームボーイアドバンスSP(ノーマルのアドバンスは駄目)とか任天堂DSとかDS Liteでも使えるということで、ぶっちゃけミクロは持っていない俺様だが、躊躇なくゲットしたのは言うまでもない。

「PLAY-YAN micro」の特長は以下のとおり。

  • ゲームボーイミクロやゲームボーイアドバンスSP、ニンテンドーDSを手軽な「MP3プレーヤー」「ムービープレーヤー」に変えてしまう装置
  • お気に入りの曲を170曲、テレビの2時間ドラマなら丸ごと1話分持ち歩けます
  • 連続再生時間は音楽再生で約10時間、ムービー再生も約3時間と長く楽しめます
  • ボタン誤作動防止と電池寿命を伸ばすために「スリープ機能」を搭載
  • 任天堂ホームページでダウンロード可能な「キーファイル」を使用すれば、起動の設定を変更できます
  • 2つのインターフェイスを選択可能

音楽データと動画データはSDメモリカードに突っ込むのだが、最大でも容量は1GB止まりっぽい...今となってはちと(かなり)少な目だったりする。

カートリッジのサイズはミクロ用に最適化されており、DS Liteとかだと出っ張ってしまい少々格好が悪いかも。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/play-yan01.jpg

PLAY-YAN microを正面から見た図。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/play-yan02.jpg

裏側。SDメモリカードは横から入れる。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/play-yan03.jpg

ヘッドホン端子。本体からも音は出るが、こちらがデフォルト。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/play-yan04.jpg

DS Liteだとかなりはみ出してしまう。

選べるインターフェイス

まずはノーマルな状態で電源を投入すると、インターフェイスとしてピクトグラムバージョンが起動し、「ピクトくん」という非常口でよく見掛けるようなキャラが登場する...操作は割と分かりやすく、使い易い。

試しにちびアニメ!をダウンロードして突っ込んで再生してみたが、全くストレスなく鑑賞することができた。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/play-yan05.jpg

どっかで見たようなキャラが登場。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/play-yan06.jpg

緑色が基調のデザインであり、わりと使い易い。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/play-yan07.jpg

動画ファイルの選択画面。

と、ここでもう一つのインターフェイスであるマリオバージョンを試してみようと思い立った俺様、必要なファイルであるキーファイルをダウンロードして解凍し、SDメモリカードのルートに突っ込んで起動。

...今度はピクトくんに代わってマリオが登場...画面デザインも緑色から赤色が基調となり、どこか懐かしい感じ。

インターフェイスとしての使い易さはピクトグラムバージョンと変わらないのだが、効果音とか操作音がスーパーマリオのそれになっていて懐かしい感じかも。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/play-yan08.jpg

緑から赤へ。キャラの身長も低くなった?

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/play-yan09.jpg

もう完全にスーパーマリオの世界観。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/play-yan10.jpg

お約束だがモアレは俺様の撮影テク不足が原因。

内部構造

...やはり、というかお約束で分解してみた(^^;)。

非常にシンプルな造りで、メインのチップはEPSONの「AGB-MAGNA」というやつっぽい。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/play-yan11.jpg

ガワを取っ払った状態。左上がヘッドフォン端子。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/play-yan12.jpg

真ん中の四角のチップが心臓部、らしい。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/play-yan13.jpg

裏側は非常にシンプルかも。

ということで、今時分だと常用するには正直厳しいかも知れないのだが、いつかミクロをゲットして使い込んでみたい!と思わされた俺様でしたとさ。

次の記事

つけめん琥珀