キーボード(交換編)

現在メインマシンで使っているキーボードであるIBM 5576-B01だが、最近エンターキーをはじめとするいくつかのキーのレスポンスが、何となく悪くなってきたっぽい。

俺様は、このキーボードについては恐らく一生分のストック(但し5本程度)を持っているので、いつもであれば「交換して、はいお終い」ということになるが、ちょっと他のキーボードに浮気をしてみたくなった。特段不満はないんだけれども。

で、インターネットで色々と候補を探してみたが、やはりここは東プレの「Realforce」、しかも「Realforce 106」を狙ってみたくなった。

  • 俺様的にはWindowsキーは全く不要だし、101キーでも良いくらいだったりする
  • CPU切替機(ナカガワメタルのKVM-pro-8)がPS2コネクタしか対応しておらず、USBキーボードは使えない
  • ネットで絶賛されている(?)打鍵感を体験してみたい

ということで、「Realforce 106」の新品の購入を考えたが、予算もあまりないのでオークションを探してみると...数ヶ月使用したというやつが出品されていたので、気合を入れて入札し、めでたくゲットした。

realforce106_01.jpg

素っ気ないデザインが、逆に信頼性の証?

realforce106_02.jpg

プロ仕様?の能書き。早く使ってみたいっす。

ところで、「Realforce 106」の特長は何かというと、

  • データエントリで広く採用されている滑らかなキータッチ
  • 特定キーを軽めに設定した指にやさしい押下荷重配置
  • 信頼性が高く耐久性にすぐれた静電容量方式だそうで

仕様はこちら。

項目
仕様
スイッチ方式 静電容量方式
ストローク長 4.0mm
押下特性 30g,45g,55g ソフトタクタイルインターフェース
インターフェース PC(PS/2)キーボーボードインターフェース
ケーブル長 約1.5m
外形寸法、重量 456mm(幅)×169mm(奥行)×39mm(高さ)、約1.4kg

realforce106_03.jpg

中古品だが、それほど使用感もなく綺麗かも。

realforce106_04.jpg

ぱっと見では、安物のキーボードかも(^^;)。

で、現在速攻でメインマシンにつないで、このネタも「Realforce 106」を使って書いているけど、もうなんというか、あっちゅう間に俺様の指がこのキーボードに馴染んでしまった(^^;)。

realforce106_05.jpg

ついでに、マウスパッドも交換してみました。

今まで使ってきたキーボードのような、はっきりとしたクリック感というか打鍵感はないのだけれど、思いっ切りスムースに文字が入力でき、前評判どおり疲れない。で、タイプした時に発する音も「コトコトッ」という感じであり、俺様には全然耳障りではない。

...俺様って、こんなにタイピングが上手だったっけ?と錯覚させてくれるような、不思議なキーボード。こりゃ、長い付き合いになること必至かも。

...ということで、「キーボードには金を掛けた方が良い」という金言を、改めて思い知らされた俺様でしたとさ。