今頃インターネットラジオをアレしてみよう!!

永い眠りからの復活

久し振りに俺様宅2階の寝室兼パソコン部屋を5Sしていたところ、とあるアイテムが発掘された。

そのアイテムとは、いわゆるインターネットラジオであり、型番は「i.Radio NTD-9000」というもの。

その昔(2008年3月頃)、ツクモが大々的に売り出したものの、それなりにお値段が高かった(定価17,800円)ということもあり、最後は投売り状態になり祭りになったといういわくつき?のアイテム。

当然俺様も定価の半分以下でゲットしたのだが、そのまま死蔵していたのは内緒(^^;)。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_25.jpg

最後は3,980円という破格のお値段で売られていた。

その後ツクモは2008年10月に民事再生手続開始 → ヤマダ電機へ身売り、このNTD-9000の販売元である「ゼン・ティーコム」は清算し別の会社が結婚相談所のサイトを開設、開発元である「Office Career Success」は第2世代?のインターネットラジオをリメイクし新たなパートナーを募集中とそれぞれの道を歩んでいるっぽい。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_26.jpg

販売元、今は全く関係ないサイトになっている。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_27.jpg

開発元、第2世代の売り込み中。

インターネットラジオあれこれ

そもそも、インターネットラジオとはインターネット経由で楽曲を受信するというコンテンツであるためにPCで再生するのが当たり前だったし、俺様もWinampとかを使ってインターネットラジオを聞いていた

しかし、いちいちPCを立ち上げてインターネットラジオを再生するのは、かなりかったるいのが事実であり、PCレス=ソフトウェアなしでもインターネットラジオを聞けるような、いわゆるスタンドアロンのインターネットラジオチューナーが発売されるようになった。

具体的にはこんなのとか。Wi-Fi対応でマジでラジオっぽいのもある。

しかし、全般的にお値段は高め...デザインとかは格好が良いけど。

あと、キットのインターネットラジオもあり、価格は安いのだがあとでケースに組み込む必要とかがあり、それまたかったるいかも。

そんなこんなでNTD-9000だが、スペックを考えるとやはり1万円を切るくらいでお買い得だと思う俺様だったりする。

NTD-9000の内部に迫る

ということで、NTD-9000の秘密を探ってみたい。

パッケージは黒一色であり、「インターネットにある世界中の音楽を手軽に聞き流すというライフスタイル」という文字が。

パッケージの蓋の裏には効能書きがあり、以下のとおり。

  • 電源を入れるとすぐに使用出来ます。
  • 仕事をしながらなんとなく
  • リビングで気軽に
  • 好きなジャンルの局をプリセット

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_01.jpg

聞き流すだけではつまらないような気もするが。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_02.jpg

仕事をしながらなんとなく(^^;)。

仕様としては以下のとおり。

  • 表示
    • 電源ステータス表示 → 赤LED
    • LANアクセス表示
      • 接続受信中 → 緑LED
      • 接続中 → 黄LED
      • エラー → 赤LED
  • インターフェース
    • LANポート
      • RJ-45コネクタ
      • 10BASE-T/100BASE-T
    • オーディオ出力
      • ミニジャック端子 → RCAピンプラグ 30Ω
      • ヘッドフォン端子兼用
    • ACアダプタ端子
      • DC12V 100mA
    • オーディオフォーマット
      • MP3 24~192kbps(44.1K/48KHz)
    • 本体サイズ
      • 200mm(W)×130mm(D)×45mm(H)
    • 本体重量
      • 376g
https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_03.jpg

マジックで消されているところは何だろう?

パッケージの中にはNTD-9000本体と、ACアダプタとケーブル、そして取説が入っている。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_04.jpg

左上の白い箱はACアダプタの箱。

本体は色がシルバーで、ボタンが4つ+プッシュスイッチが1つ+ダイヤルが1つ。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_05.jpg

なんとなく手作り感がある風貌。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_06.jpg

電源スイッチが背面にあり、ちと使い辛いかも。

早速LANケーブルを接続し、ACアダプタを接続し、ついでにヘッドフォンを接続して本体背面にある電源スイッチを入れる...タイトル画面が表示され、続いてインターネットラジオのデータ取得を始める。

...が、速攻でエラーが表示された...何なんだ?もしかして壊れている?一回も使っていないのに?

一瞬動揺するが、気を取り直して別のサイトを選択してみる...今度はきちんと再生され大丈夫っぽい...あれだ、多分サイトがクローズされてしまっているんだなっと。

ま、聴いてみると普通のインターネットラジオだ、こりゃ>当たり前だが。

しかし、液晶のバックライトが点灯しないので表示が非常に暗い...これについては別途改造を施す予定。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_07.jpg

無常なるエラー表示。サイトが見付からないっぽい。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_08.jpg

正常にインターネットラジオが再生できた。良かった。

それでは、お約束且つお待ちかねの分解モードに突入。

分解にはプラスドライバがあれば問題なし。

まずは本体をひっくり返して、中央にあるネジを外す。但しこれだけで分解できる訳ではなく、4つあるゴム足のそれぞれの背後に隠されているネジを外す必要がある。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_09.jpg

本体の底面。最初に真ん中のネジを外す。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_10.jpg

ゴム足の下に隠されているネジも外す。

ネジを全て外すと、本体上部のカバーを取り外すことができる。

中には基板が1枚、部品数もそう多くはなく、なんとなくBB-Shoutと構成が似ている...ま、こういうやつはどれも同じようなものか?

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_11.jpg

かなり余裕のあるレイアウトかも。

基板には大きめのチップがいくつかあるが、イーサネットコントローラとかH8マイコンとかDRAMとかがあるっぽい。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_12.jpg

イーサネットコントローラであるRTL8019AS。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_13.jpg

ルネサス謹製H8マイコンである3068F。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_14.jpg

OKI謹製のDRAMチップ。

液晶の基板はフロントパネルに取り付けされており、コネクタでメイン基板と接続されている。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_15.jpg

液晶基板。ゲームカートリッジでお馴染みの黒丸が。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_16.jpg

ここいら辺のアレをナニするといいことがあるかも。

プチ改造を施してみる

さて、分解(というほどでもないが)も済み、ついでなのでプチ改造をしてみることに。

ネットで検索すれば色々と出てくるが、NTD-9000に対する改造ネタは大体2つある。

  • 液晶のバックライトを点灯させる
  • 電解コンデンサを貼り替える

液晶については、元々バックライトを内蔵しているにも関わらず点灯させる仕様になっておらず非常に暗いので、改造によりバックライトを点灯させてやるというもの。

また、コンデンサについてはデフォルトのコンデンサが例によってしょぼいようなので、もう少しまともなコンデンサに貼り替えしてやるというもの。

コンデンサの貼り替えは回路の構成上明確な効果がないという話もあるが、カップリングコンデンサくらいは替えてやりたいという親心の発露(^^;)。

では、部品の調達から → リストは以下のとおり。

部品名
数量
備考
1 1/4W抵抗10Ω
1
バックライト点灯用
2 50V10μF
3
貼り替え用
3 50V47μF
1
貼り替え用
4 25V100μF
4
貼り替え用

で、早速音響用のコンデンサを調達。抵抗は手持ちのやつで間に合わせることに。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_17.jpg

調達したコンデンサ。いつもの東信製の音響用。

まずはコンデンサの貼り替えから。

数も少ないので楽勝!と思われがちだが、基板のパターン面積がかなり広いので半田ごての熱容量が不足していると取り外しが非常に面倒かも。

俺様はこて先の温度を通常の360℃から450℃へ上げ、更に半田吸取り線、追い半田、半田吸取り器を駆使して何とか貼り替えを済ませた。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_18.jpg

貼り替え前。コンデンサは有名?なLELON製。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_19.jpg

貼り替え後。高級感溢れまくり(^^;)。

お次はバックライトの点灯改造。

まずは液晶基板のパターン側、左上の方にある「J2」というジャンパを半田でショートしてやる。

これは多めに半田を盛ってやるだけでオッケー。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_20.jpg

左上にあるJ2というランドを半田でショートしてやる。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_21.jpg

半田を多めに盛ってやるだけと、非常に簡単。

で、同じく液晶基板のパターン側、左下の方に「R9」という謎の空きパターンがあるが、ここに10Ωの抵抗を半田付けしてやる。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_22.jpg

左下にあるR9というパターンに抵抗を半田付けしてやる。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_23.jpg

これまた非常に簡単かも。

これだけでバックライトがめでたく点灯し、情報が非常に見易くなる...が、最初からそういう仕様にしてくれぃ!と思ったのは俺様以外に4,096名はいるだろう、多分。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_24.jpg

ちと明る過ぎ?かも知れないが、暗いよりはましだ。

なお、肝心?のコンデンサの貼り替えの効果は...よく分からない...気持ち低音域が締まったように聴こえるのは、プラシーボだろう(^^;)。

設定をいじってみる

最後に、NTD-9000の設定を色々といじってみたい。

インターネットラジオということはLAN回線に接続されているということであり、ブラウザ経由で色々な設定が可能となっている。各種設定の内容は以下のとおり。

  • チャンネルの新規登録
  • チャンネルの選局/編集/削除
  • チャンネルリストを保存/戻す
  • ネットワーク設定
  • パスワード変更

デフォルトでは自分自身のIPアドレスをDHCPで取得する設定となっており、そのIPアドレスをブラウザに突っ込んでやれば設定画面が表示される → 但しIPアドレスの最後に「:8080」を付加するのを忘れずに。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_28.jpg

IPアドレスをブラウザに突っ込んで表示されるトップページ。

それでは、各種設定の内容を簡単に説明してみる。

最初に「チャンネルの新規登録」から。

これは表示タイトルとサイトのURLを入力し、登録するというシンプルなやり方。

但しいちいち一件ずつ登録するのはかったるいので、後述するチャンネルリストで一括登録するのがお手軽かも。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_29.jpg

新規にチャンネルを登録するのはこの画面。

次は「チャンネルの選局/編集/削除」。

この画面は登録済みのチャンネルの表示用タイトルとかURLとか表示される並びを変更したりとか丸々削除したりということができる。

これまた後述するチャンネルリストで一括登録してやるのがお手軽かも。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_30.jpg

登録済みのチャンネルの情報を修正したりすることができる。

次は「チャンネルリストを保存/戻す」。

このNTD-9000は保存されているチャンネルの情報をリストとして一括して吐き出したり、書き戻したりという機能を持っている。

リストの情報はテキストファイルであり、エディタとかで簡単に修正が可能なのでお手軽にチャンネル情報の更新ができる。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_31.jpg

チャンネルの情報を一括してパソコンに保存可能。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_32.jpg

chlist.binというファイル名で保存されるが、内容はテキストファイルだったりする。

なお、チャンネルリストの構成は以下のとおり → NTD-9000にデフォルトで登録されているチャンネルであり、大半のサイトが死んでいる(^^;)。内容としては「局名」→「URL」の順番で並んでいるだけだったりする。

BB-Shout ChannelList v1.0 — #MUSIK.MAIN – WWW.RAUTEMUSIK.FM – 24H TOP 40 POP HITS 80S 90S DANCE HOUSE ROCK RNB AND MORE!

80s, 80s, 80s! – SKY.FM – Hear your classic favorites right here! (www.sky.fm) http://scfire-ntc-aa03.stream.aol.com:80/stream/1013 #MUSIK.GOLDIES – WWW.RAUTEMUSIK.FM – 24H OLDIES CLASSIC ROCK 60S 70S 80S POP AND MORE! http://scfire-ntc-aa01.stream.aol.com:80/stream/1060 1.FM – 80s Channel http://209.73.150.37:8095 @80s I streamed by pop-stream.de http://83.169.61.46:4080 .977 The 80s Channel – 977MUSIC.COM – A Radical 80s Music Internet Radio Channel http://scfire-ntc-aa05.stream.aol.com:80/stream/1040 181.fm – The Office : Your Office Friendly Station http://184.107.168.138:9972 181.fm – The Mix Channel (70s, 80s, 90s and Today’s Best Music) http://38.107.220.224:8032 181.fm – Awesome 80’s http://38.107.220.224:8000 Big R Radio – Warm 101.6 http://74.86.186.35:8022 TechnoBase.FM – 24h Techno, Dance, Trance, House and More http://78.159.104.165:80 Vocal Trance – DIGITALLY IMPORTED – a fusion of trance, dance, and chilling vocals together! http://scfire-mtc-aa04.stream.aol.com:80/stream/1065 #MUSIK.CLUB – WWW.RAUTEMUSIK.FM – 24H MIXED HANDS UP TRANCE DANCE TECHNO HARDSTYLE HOUSE AND MORE! http://scfire-dtc-aa03.stream.aol.com:80/stream/1081 French Kiss FM http://88.190.24.47:80 #MUSIK.MAIN – WWW.RAUTEMUSIK.FM – 24H TOP 40 POP HITS 80S 90S DANCE HOUSE ROCK RNB AND MORE! http://scfire-ntc-aa01.stream.aol.com:80/stream/1051 #MUSIK.HOUSE (FUNKY) – WWW.RAUTEMUSIK.FM – 24H MIXED HOUSE DANCE ELECTRO FUNK MINIMAL AND MORE! http://scfire-ntc-aa01.stream.aol.com:80/stream/1058 #MUSIK.JAM – WWW.RAUTEMUSIK.FM – 24H HIPHOP RNB RAP SOUL REGGAE DANCEHALL URBAN AND MORE! http://scfire-ntc-aa01.stream.aol.com:80/stream/1054 181.FM – Energy 98 – Dance Hits http://scfire-mtc-aa02.stream.aol.com:80/stream/1093 friskyRadio – feelin’ frisky? [Trance, Dance, Techno] http://scfire-dtc-aa05.stream.aol.com:80/stream/1015 ChartHits.FM – Your HITZ More MUSIC http://87.230.100.51:31000 idobi Radio: New. Music. Unfiltered. idobi.com http://50.117.115.210:80 Radio Paradise – DJ-mixed modern & classic rock, world, electronica & more http://scfire-ntc-aa06.stream.aol.com:80/stream/1048 .977 The Hitz Channel – 977MUSIC.COM – The #1 Hit Music Internet Radio Channel http://scfire-mtc-aa01.stream.aol.com:80/stream/1074 NOISEfm.pl – Niezalezne Radio Rock ! http://91.121.100.83:8000 181.FM – The Buzz (Your Alternative Station! http://scfire-dtc-aa02.stream.aol.com:80/stream/1022 181.fm – The Eagle (Your Home For REAL Classic Rock!) http://108.61.35.91:10002 181.FM – Kickin’ Country – Today’s BEST Country! http://scfire-dtc-aa03.stream.aol.com:80/stream/1075 #MUSIK.MAIN – WWW.RAUTEMUSIK.FM – 24H TOP 40 POP HITS 80S 90S DANCE HOUSE ROCK RNB AND MORE! http://scfire-ntc-aa04.stream.aol.com:80/stream/1051 @disco I streamed by pop-stream.de http://80.237.210.15:4060 80s, 80s, 80s! – SKY.FM – Hear your classic favorites right here! (www.sky.fm) http://scfire-mtc-aa06.stream.aol.com:80/stream/1013 Absolutely Smooth Jazz – SKY.FM – the world’s smoothest jazz 24 hours a day http://scfire-ntc-aa01.stream.aol.com:80/stream/1010 SMOOTHJAZZ.COM – The Internet’s Original Smooth Jazz Radio Station – Live from the Monterey Bay http://scfire-dtc-aa01.stream.aol.com:80/stream/1005 …………:::::: Blue FM ::::::……….. Easy Listening Instrumental, Contemporary, Chillout, Smooth http://216.59.35.35:8080 SwissGroove – The world’s #1 for jazz, funk, soul, world, latin, lounge & nu grooves http://46.4.76.199:13600 SmoothLounge.com – Music To Move You (by SmoothJazz.com) http://67.213.221.20:80 KCSM Jazz 91 * The Bay Area’s Jazz Station * Listener http://216.218.147.60:8240 181.fm – The Breeze http://38.107.220.164:8004 #MUSIK.LOUNGE – WWW.RAUTEMUSIK.FM – 24H CHILLOUT AMBIENT SMOOTH JAZZ DOWNTEMPO LATIN SOUL AND MORE! http://scfire-ntc-aa01.stream.aol.com:80/stream/1080 A1Smooth – 24 Hr Smooth Jaz http://173.224.125.99:8076 1.FM – Bay Smooth Jaz http://209.73.150.39:9010 —

最後に、「ネットワーク設定」。

IPとかDNSの設定を変更可能だが、通常は自動(DHCP)で問題ないかも。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/ntd-9000_33.jpg

ここの項目は別に変更する必要はないかも。

ということで、ざっと改造から設定まで並べてみたが、パソコンに比べてお手軽&格安でインターネットラジオを楽しめるのはポイントが非常に高いと思う俺様。

内部にはまだ空きスペースがあるので、小型のデジアンとかを突っ込んだりWi-Fiブリッジとかを突っ込んで、より本物っぽい?ラジオに仕立て上げるのも面白いかも。