マルホン拉麺

埼玉県さいたま市中央区新中里2-1-10

以前行った「海と大地のらあめん ひろや」がいつの間にか店仕舞いしており、そのあとにやっぱりラーメン屋ができた。

なんでも浦和にある串揚屋とか塩ホルモン焼きの店である「風雷坊」のラーメン専門店らしい。

...ここはやはり押えておくべきとの使命感に燃えた俺様、会社帰りに会社の同僚と行ってみた。

honmaru01.jpg

入り口。深夜までやってるよ。

店内に入り、券売機で食券を買って着席。店内のデザインというかレイアウトはほぼ前の店のまんま。

窓側の桟(?)には仮面ライダーとかのフィギュアがずらりと並べられており、郷愁を誘う?

麺はつけ麺屋の定番/お約束というべきか、浅草は開化楼製。

honmaru02.jpg

店長と店員の男二人体制だった。

honmaru03.jpg

ここにもやっぱり開化楼の麺。

あ、俺様は赤マル味玉ラーメン(太麺)を、同僚は白マル味玉ラーメン(細麺)他をチョイスした。

赤マル味玉ラーメンとは、いわゆるゴマ坦坦ラーメンであり「辛くておすすめ」とのこと。

で、目の前にどーんと置かれた赤マル味玉ラーメン(太麺)を早速食べてみる。

...全然辛くない(^^;)...スープは魚介の複雑な味がするが、あまり辛くなく少し拍子抜けしたかも。

麺は開化楼らしさが出ておりモチモチした感じ。

具は色々な種類が入っているが、味玉は味がよく滲みておりうまい。

結局さくっと完食した俺様だが、やはりもう少し辛味が効いていても良いのではないかと思ったりした。

ま、別料金で辛味を増すことができるらしいので次に来たときは試してみようっと。

honmaru04.jpg

俺様が注文した赤マル味玉ラーメン。あまり辛くない。

honmaru05.jpg

同僚が注文した白マル味玉ラーメン。ごく普通のゴマラーメン。

前の記事

山形の旨だし