麺家 壱兆

埼玉県さいたま市見沼区東大宮3-3-14

たまには遠出でもしてみるかと、昼時に東大宮まで車を走らせる(実はハードオフに行きたかった...(^^;))。

で、ジャンクガレッジの横を通過したが、いつも通りの長~い行列が形成されていた。

俺様的にはジャンクガレッジで食べたかったのだが、奥様&次男坊にアレを食べさせるのはさすがに酷なので、今回は「麺家 壱兆」に挑戦をしてみることに。

駐車場がないので、店のすぐそばの某レンタルショップにこっそりと駐車...ごめんねごめんね~。

iccho01.jpg

通り沿いにひっそりと(?)佇む店?

店内は古びた感じで、一見しただけで気難しそうな感じの店主が一人、待ち構えていた。

実際問題、俺様家族が入店したときにいたお客が何かリクエストをしていたようだが、あっさりとそれを撥ねつけていたのでかなりびびった(^^;)。

で、俺様はチャーシューそば、奥様は特濃そば、次男坊は壱兆そばを注文。

店主が黙々と作業をしている間、店内を見回してみると、いわゆるNack5関係のグッズというかアイテムがたくさん壁に貼られているのがわかる。例えば鬼玉シールとか日の丸ステッカーとか。

...店主は相当なFM好きかも。

そうこうして出てきたラーメン。どっかで見たような感じのラーメンだが早速食することに。

iccho02.jpg

俺様が注文したチャーシューそば。熱々を召し上がれ。

iccho04.jpg

奥様の注文した特濃そば。味玉がいい感じ。

iccho03.jpg

次男坊の注文した壱兆そば。非常にあっさりめ。

スープはとっても熱々であり、無化調ということがはっきりと判る。

最近の化調バリバリのラーメンに慣らされていると、味がないのかと思うくらいあっさりめかも知れない。

麺は俺様にはちょうど良い太さ。

具はチャーシュー、海苔、メンマ、味玉のそれぞれがかなりのハイレベル。特に味玉は絶品かも。

ということであっさりと完食したが、どっかで食べたような感じ...大宮の「麺屋むくろじ」とか白岡の「もちもちの木」の系統っぽい気がする。

ま、店主の愛想の無さ(^^;)は置いといて、正統派のラーメンを食べたい御仁はお試しあれ。

次の記事

香港蒸龍