明星まぜそば

まぜそば...カップ麺の世界では焼きそばとは全く違うジャンルに属しているが、割と好きな俺様、以前にもこういうやつとかこういうやつを試してきた。

で、今度は明星が出している「まぜそば」を試してみた。

監修は自称「日本一ラーメンを食べた男」である福島県出身の大崎氏であり、もう第5弾にもなっているベストセラー?らしい...ところで、この大崎氏は前回は17,000杯のラーメンを食べた男という触れ込みだったが、いつの間にか1,000杯も追加で食べている(^^;)。

黒がベースのパッケージデザイン。

18,000杯のラーメン...どんだけ食べてんだよ。

今回食べるやつは、従来のまぜそばをリニューアルしたものらしいが、特徴は以下のとおり。

  • 幅広で厚みもあり、モチモチとした食感が楽しめる太麺
  • たれは、チャーシューだれとポークをベースに香ばしいエビ風味のオイルを合わせた、濃厚な醤油豚骨だれ
  • かやくは甘みのあるキャベツに豚肉チップの組み合わせ
  • ふりかけは鰹節粉、ガーリックの風味に加え、エビフレークなどでローストしたエビの香ばしさをプラス

「特選香ばしふりかけ付」とあるからには、ふりかけがバージョンアップしているんだろう、多分。

それでは、開封...たれとかかやくとかふりかけより、麺が目立つような気がする...麺は幅広であり、かなりフェットチーネっぽい気がする。

上のフタを開けた状態。

ソースとかやくとふりかけのトリオ。

いかにもパスタっぽい気がする麺。

では、さっそく作って食べてみることに...確かにふりかけが香ばしい感じ。

いただきまーす...やっぱりまぜそばというよりも、パスタっぽいかも。

麺が非常にもちもちしていて、タレとよく絡む。ふりかけもアクセントとして効いている...ずばずばと食べ進み、あっちゅう間に完食した俺様、かなり満足かも。

伊達に第5弾まで出している訳ではない、さすが大崎君(俺様より年上だが)だわいと感心した俺様でしたとさ。

非常に完成度が高いまぜそばだと思う俺様。

前の記事

麺通団