食器乾燥機

長男がまだオムツをしていたその昔、洗った哺乳瓶とかを乾燥するために食器乾燥機を購入した。その頃は食器洗浄器はとても高嶺の花で、スペースとか水周りの配管の都合で結局食器乾燥機に落ち着いた。

購入したのはSHARP製のYD-D65Gというやつ。その当時は高機能なタイプで、未だにオークションとかで未使用品が売買されているということはそれなりにロングラン製品かも。

ただし、10年以上も使っているとさすがにガタがくる。特に気になるのは、カゴがプラスチック製であり水垢が付いたりカビが繁殖してしまうこと。いくら洗ったり消毒してもすぐに元通り。

ということで、ついに食器乾燥機の買い替えを決断。設置スペースのサイズを計測して、大宮駅西口のビックカメラに突撃。

  • まな板の乾燥機能はなくても特に問題なし
  • カゴはプラスチック製ではなく、ステンレス製がベスト
  • トレイが取り外せて、洗えるのがベスト
  • カゴの容量は現行の食器乾燥機と同様に6人程度で

ビックカメラの3階の食器乾燥機コーナーで悩みに悩んで、最終的にナショナルのFD-S35G1というやつに決定。こちらの要求をほぼ満たしてくれて、お値段もそれなりに手頃。

早速持ち帰って、使っていた食器乾燥機を取り外して、シンク周りを掃除して、新しい食器乾燥機を設置。サイズも丁度良い感じに収まった。

で、早速奥様が夕食の片づけで使ったが、熱風がものすごい(^^;)。金属製の食器(コップとか)を乾燥する際は、必ず冷えてから取り出すのが吉かも。

また、前の食器乾燥機は排水ホースが付いていて、自動的に排水してくれたが新しい食器乾燥機は「水受けカップ」が前面にあり、そこに排水が溜まる仕組みになっている。定期的に排水を捨てなければならないのが多少面倒といえば面倒かも。

ま、熱いということは、それだけ乾燥能力が高くて除菌とかもしっかりやってくれるものと期待する。家族の衛生の維持のために頑張ってくらはい。

dryer.jpg

新しい食器乾燥機。どんどん活躍してくれぃ。

次の記事

激めんBLACK