百福長寿麺 鴨だしそば

またまたまた安藤百福御大の生誕100年のネタ、なんと3連荘だったりする(^^;)。

今回は、「百福長寿麺」と同時に発売された「百福長寿麺 鴨だしそば」。

kamodashi01.jpg

緑のたぬき...ではなく鴨だしそば。

セールスポイントは以下のとおり。

  • めん → カップめん史上最長の約100cmのフライストレートめん
  • つゆ → 鴨の香りと甘みを出した風味豊かなつゆ
  • 具材 → 鴨つくね、太ネギ、「福」かまぼこ、揚げ玉

「百福長寿麺」と同様に、百福御大にあやかって麺はいわゆる「一本麺」となっているが、「※この商品はお客様の長寿をお約束する食品ではございません。」という但し書きがお約束で記載されている

kamodashi02.jpg

食べても長生きが保証されている訳ではない。

kamodashi03.jpg

むしろ寿命を縮めるかも(^^;)。

それでは、早速食べてみることに。

作り方自体は普通のカップラーメンと変わらず、かやくは先、液体つゆは召し上がり直前に投入。

kamodashi04.jpg

これが噂の一本麺であり、長さは100cmもある。

kamodashi05.jpg

かやくには鴨つくねとか「福」かまぼことかが入っている。

お湯を注いでから3分が経過し、温めた液体つゆを注ぐと、いかにも目出度い感じの鴨だしそばの出来上がり。

kamodashi06.jpg

出来上がった鴨だしそば。早く食べたい!

それでは、いただきまーす...かなりいけるかも。

つゆはしっかりとだしが利いていて、一本麺との絡みが非常に良い。

鴨つくねとか「福」かまぼこもそばらしさを引き立てているし、ご機嫌な感じ。

ということで、一気につゆまで完食した俺様、「百福長寿麺」よりこちらの方が気に入ったかも。

ここはやはり、カップヌードルを発明した百福御大に感謝せざるを得ない俺様でしたとさ。

前の記事

坂井精肉店

次の記事

微妙な違い