WindowsUpdateのトラブルを解決してみよう!!

Webサイトに問題?

会社のOB宅に家庭訪問し、PCのメンテナンスを行なった時のこと。

まずは最新のセキュリティにアップデートしようと、Windows Updateのサイトにアクセスしたが...エラーが出て表示できない。

「Webサイトに問題が発生したため、このページを表示できません。」というエラーメッセージが表示されるのだが、実はWebサイトの問題ではなくPCの問題である可能性が大だったりする。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/wuproblem01.jpg

滅多にお目にかかれないエラーメッセージ?他のサイトは問題なく表示されるっぽいけど。

ここで、「エラー番号:0x800B0001」と表示されているので、検索をかけてみると色々と情報が出てくるが、本家の情報によると、以下の不具合っぽい。

原因 : Windows Update または Microsoft Update によって、暗号化サービス プロバイダが不明であると判断された場合に発生します

解決策 : Softpub.dll、Wintrust.dll、Initpki.dll、および Mssip32.dll ファイルを登録する必要があります

...意味わかんねー(^^;)。

ま、ぐずぐずしていても時間の無駄なので、早速対策を講じてみることにした。

DLLファイルの登録

要するに、Windows Updateで利用するDLLファイルが何らかの原因で正常に登録されていない/壊れたのが諸悪の根源なようなので、それらのDLLファイルを再度登録してやることにした。

具体的には以下の手順を踏む必要があるが、これはWindowsXPの場合であり、Vistaとかだと方法が違うっぽいので注意。

  • スタートメニューから、「ファイル名を指定して実行」を選択
  • 「名前」ボックスに「regsvr32 wintrust.dll」と入力してやる
  • 「wintrust.dll の DllRegisterServer は成功しました。」と表示されたら、「OK」ボタンをクリック
  • スタートメニューから、「ファイル名を指定して実行」を選択
  • 「名前」ボックスに「regsvr32 softpub.dll」と入力してやる
  • 「softpub.dll の DllRegisterServer は成功しました。」と表示されたら、「OK」ボタンをクリック
  • これでもまだWindows Updateに接続できなければ、続けて「regsvr32 Initpki.dll」及び「regsvr32 Mssip32.dll」を同じように実行してやる

最初に、「wintrust.dll」の登録を実行。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/wuproblem02.jpg

regsvr32というプログラムでDLLを登録。

タイプミスがなければ、正しくDLLファイルが登録されるはず。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/wuproblem03.jpg

しかし、全く意味不明のメッセージだ。

続いて、「softpub.dll」の登録を実行。

これまたタイプミスがなければ、正しくDLLファイルが登録されるはず。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/wuproblem04.jpg

前と同じく、全く意味不明のメッセージかも。

取り敢えずこの2個のDLLファイルの再登録を行なった状態で早速Windows Updateのサイトにアクセスしてみると...サイトが無事に表示された!!良かった良かった...

しかし、なぜDLLファイルがぶっ壊れたのかは全くもって謎だが、Windowsではよくある話しだしぃ(^^;)、使えるようになったので良しとするか...

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/wuproblem05.jpg

やっとこさ正常に表示されるようになった...がんがんとアップデートしまくるのだ!!

次の記事

中華蕎麦 金魚