GAIAさんとスタッドレスタイヤでスキー三昧、だ!!

冬季運動種目

冬のシーズンでスポーツといえばやはりスキーであり、スノボははっきり言って邪道だと思っている俺様、毎年何回かは奥様&次男坊とスキーに行っている。

交通手段は電車とかバスではなくマイカーなのだが、雪道の走行にノーマルタイヤでは流石にやばいのでチェーンを使用していた。

しかし、道の端っこでいちいちチェーンを装着したり外したりは面倒だし、走行時のフィールがいまいちなので、お気楽スキーを実現させるべくここは一発スタッドレスタイヤをゲットしてみたいと思った俺様、早速捜索を開始だ!

見事なる失敗

昔カローラに乗っていた時はスタッドレスタイヤを持っていたのだが、車の買換えとともに処分してしまった俺様...当然サイズも違うのでGAIAには装着できないわけだが。

ま、オートバックスとかタイヤ館で購入というのもありだが、それなりにお値段が高いのでまずはオークションを中心に探してみることにした。

オークションとなるとスペック違いとかで悲惨な目に遭うことが予想されるので、改めてGAIAのタイヤのスペックを確認してみると、

フロント/リヤ
タイヤサイズ
タイヤ幅
扁平率
ホイール径
タイヤ外径
フロント 195/60R15
195mm
60%
15インチ
615mm
リヤ 195/60R15
195mm
60%
15インチ
615mm

...これだけだと何だかパラメータが不足なような気がする、というかタイヤのサイズはとっくに分かっているのだが、ホイールの情報が欠落しているっぽい。

ま、いいっかとオークションでスタッドレスタイヤを探してみると、「トヨタ純正ホイール 185/65R14セット プレミオ.オーパ」というアイテムの商品説明の中に、GAIAにも対応と記載されていたので、あまり(実は全然)深く考えないままに落札。

ホイールはトヨタ純正のスチールホイールであり、タイヤは韓国のハンコックというタイヤメーカーの未使用新品という組み合わせでお値段は24,600円(税込み送料別)という爆安アイテム。

で、支払を終えてから数日してからタイヤが到着したので、早速交換開始。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/studless02.jpg

到着したスタッドレスタイヤ。新品。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/studless03.jpg

ホイールキャップは非純正だが状態は良好。

タイヤの交換はいつものように純正品のジャッキと別途購入したレンチの組み合わせで行なう。

しかし、このジャッキアップが面倒で面倒でしょうがない...もっと楽にやりたい。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/studless01.jpg

ホイールキャップが付いた状態のノーマルタイヤ。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/studless05.jpg

ホイールキャップを取り外した状態。貧弱貧弱ぅ~。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/studless04.jpg

タイヤ交換セット。レンチは別途購入した。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/studless06.jpg

ジャッキアップ中。かなり疲れる。

やっとの思いでノーマルタイヤを1本外し、いよいよ新しいタイヤの装着。

...ん?...んん?...んんん?ボルトが嵌らない...「ボルトの穴の位置が違う」...(^^;)...なんと、ボルト(5本)とホイールの穴の位置が違っている!!

マジで頭の中が真っ白になった俺様だったが、正気に戻ってノーマルタイヤを取り付けなおして、取り敢えずは撤収。

原因は...いわゆるホイールP.C.D.(Pitch Circle Diameter)が違っていたっぽい...真面目にホイールのスペックを確認しなかったのが敗因。

今回購入したホイールのP.C.D.は100mmなのだが、GAIAのP.C.D.は114.3mmであり当然装着は不可能...しくしく。

リベンジの行方

その晩は(自分のせいなのだが)悲しみで枕を濡らした俺様だったが、翌日頭に来てしまい、再度オークションでスタッドレスタイヤをゲットすることに決めた。

ということで、今度はしっかりとホイールのスペックも確認したいと思った俺様、ナイスなサイトを発見した...このサイトによると、GAIAのホイールのスペックは以下のとおり。

フロント/リヤ
リム径
オフセット
リム幅
P.C.D.
穴数
ハブ径
フロント 15インチ
+45mm
6
114.3mm
5
60mm
リヤ 15インチ
+45mm
6
114.3mm
5
60mm

このスペックのホイールを探せばいいんだ!!とオークションで検索した結果、最終的にゲットしたのはアルミホイール+ピレリのアイスストームというスタッドレスタイヤ(ほぼ新品)という組み合わせ。

このアイスストームというタイヤは日本向けに開発されたという触れ込みであり、何となく期待が持てそう。

で、数日してまたまた到着したスタッドレスタイヤ...懲りずに交換開始。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/studless07.jpg

到着したタイヤ。今度こそ...。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/studless08.jpg

少々汚れているが、ほぼ新品。

...結果、ばっちりと装着できた(^^;)。

これで駄目だったら当分の間立ち直れなかったかも知れないけど、良かった良かった。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/studless09.jpg

製造年。2008年の27週に製造されたっぽい。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/studless10.jpg

いわゆるヒゲ?も残っているトレッド。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/studless11.jpg

無事に装着が完了したタイヤ。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/studless12.jpg

スタッドレスのくせにノーマルより格好が良い。

アルミホイールということもあり、ノーマルタイヤより格好が良いのはともかく、これで雪道もばっちりだ!と思った俺様、最後にスキーキャリアを取り付けて作業が全て終了。

https://hkjunk0.com/wp-content/uploads/studless13.jpg

キャリアは載せてロックするだけなので取り付けが簡単。

ところで、スタッドレスタイヤの乗り心地だが、通常走行ではノーマルタイヤとあまり変わりないかも...少々ハンドリングが甘くなるがそう燃費も悪くないし、速度も出せる。

その後スキーに何回か行ったが、雪面での制動もばっちりであり、かなりお得な買い物だった。

これで安心してスキーに行きまくるぞ!と思った俺様でしたとさ。

次の記事

マグカップ